第133回: 「そろそろ真剣に自分と向き合う必要があるんじゃないでしょうか」

今回はAccSellクリッピング拾い読みで、HTMLの自動コーディング、浅川賞、Firefox最新版とNVDAについて話しています。

Podcast
約43分:31.0MB
ポッドキャスト第133回: 「そろそろ真剣に自分と向き合う必要があるんじゃないでしょうか」をダウンロードする
YouTubeで再生する
写真:収録風景
カバー写真:ポッドキャスト内で紹介した3つの記事のキャプチャー

オープニング・トーク

最近ANAの整備工場に見学に行ったというizuizuからの今回のお題は、「98年と言えば、もしくは長野と言えば、もしくはオリンピックと言えば」です。

AccSellクリッピング拾い読み

AccSellクリッピングに掲載した話題の中からこの3人が気になるものを取り上げるAccSellクリッピング拾い読み、まず植木が、画像から自動的にHTMLを作成するプログラムが登場したという話題を取り上げています。

つづいてizuizuが、アクセシビリティーが優れたWebサイトに送られる浅川賞について話しています。

そして中根が、「NVDA and Firefox 58 - The team is regaining strength」という記事を取り上げて、最近のNVDAとFirefox、そしてNVDAとGoogle Chromeについて話しています。

AccSell Meetup 013

最後に、来る2月24日(土)の午後、都内で開催予定のAccSell Meetup 013 『ユーザーと一緒に試してみよう! ~あの○○はどこまで使えるのか~』について紹介しています。

収録後記

しかしまあ、テクノロジーの進化が止まらないですね。5年後とか、2~3年後とかではなく、1年後がどうなっているかも予想しづらいくらいの勢い。でも、それでハッピーな人が増えるのであれば、もちろん大歓迎。と同時に、特にこのWebの世界、少し先を見据えて今何をすべきかを常に考えていないといけないですね。さあ、冬季オリンピックがそろそろ開幕。ふ、船木~(違) (植木 真

本当に技術が進む速度が速いなあと感じさせられることが多くなってきた印象です。今回取り上げたFirefoxとNVDAの話なんかも、ちょっと前だとこういうことが起こると結構長い間改善を期待できないなとあきらめていたところですが、最近だと気づくと状況が大いに改善したりしていることがしばしばです。ありがたいなと思う一方で、支援技術の開発者も大変だろうなあと心配になってしまいます。 (中根 雅文

Webグランプリってすでに私のなかでは、高額な応募費用と高い受賞率で有名な「モンドセレクション金賞(笑)」ぐらいのものかと思っていたりもします。 (山本 和泉

comments powered by Disqus