メルマガ第91号を発行しました!

こんにちは!2016年6月8日(水)にメルマガ第91号を発行しました!

[連載]中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第88回: らくらくホンの登場
[連載]植木 真の「こんなブログ記事見つけました!」
第47回:「スマホ老眼」に関するレポート
[連載]山本和泉の「解説放送レビュー:観たり聞いたり歌ったり」
第9番組目: Eテレ『カテイカ』2016年5月25日放送分から

[連載]山本和泉の「解説放送レビュー:観たり聞いたり歌ったり」
第9番組目: Eテレ『カテイカ』2016年5月25日放送分から

こんにちは!テレビ大好きizuizuです。
6月に入り、今シーズンのドラマは佳境に入っていますが、すでに7月からのドラマの情報収集もしています。ちなみに2016年春ドラマは「僕のヤバイ妻」と、アニメ「坂本ですが?」が大好きです。

9回目のレビュー: Eテレ『カテイカ』

Eテレ『カテイカ』Webサイト
http://www.nhk.or.jp/katei/kateika/

『カテイカ』って?

『カテイカ』は、小学校5年生~6年生の家庭科の授業で活用してもらうことを目的とした家庭科の番組なんだそうです。

私が観た回は「第4回 手ぬいでイカした小物づくり」というお裁縫の回でした。針に糸を通すやり方や、縫い方やボタンのつけ方などを紹介していました。

出演は「エンドゥ」という男性のダンサーで、安室奈美恵さんのバックダンサーなどもやっていたそうです。この「エンドゥ」がすごいハイテンションでめっちゃ楽しそうなのが印象的です。

エンドゥが、家庭科の作業を「家庭科の神【カテイカ様】(女性の声だけの出演)」に教えてもらいつつ、エンドゥが作業をクリアしたら、今回のポイント歌詞にした派手な音楽とキレッキレのダンスで表現しているのも見どころです。

ちなみに「家庭科の神【カテイカ様】」の声の出演は声優の沢城みゆきさんです。調べてみたら3代目の峰不二子の方でした。素敵な声。場面場面で、やさしいお姉さんだったり、ちょっと色っぽかったりで、エンドゥとのギャップがまたステキです。

本編のナレーションと解説の声は一緒??

今回の『カテイカ』を解説放送にしてみると、ちょっと不思議なことが・・・。音声解説の声とカテイカ様声がかなり似ているのです。めっちゃ似てるのです。これ同じ人なんじゃないかしら?っていうぐらい似ているのです。

もしそうだとしたら、これはすごい実験なのかも??

いままで見てきた音声解説の声は、あきらかに違う声で「これは音声解説ですよ!」っていうのがわかるものばかりでした。なので、ずっと私自身も解説放送というのはそういうものだと思っていました。

ですが、この『カテイカ』は、本編の声の出演と音声解説が同じ人(もしくは同じような声の人)なので、解説放送ということを忘れてしまいそうなぐらい馴染んでいるのです。これありかも!!!

これワザとなのかなぁ・・・もしそうだとしたら、やるなEテレ!!
これは別の番組でもいろいろチェックしてみようっと!

ぜひみなさんも『カテイカ』を観てみてください。もちろん解説放送で!!

[山本 和泉]

comments powered by Disqus