メルマガ第70号を発行しました!

こんにちは!2015年7月22日(水)にメルマガ第70号を発行しました!

[連載]中根雅文の「全盲のコンピューター利用に関する四方山話」
第69回: JAWSの強力なカスタマイズ機能 (3)
[連載]植木 真の「こんなブログ記事見つけました!」
第28回: 平成26年通信利用動向調査
読者プレゼント
「デザイニングWebアクセシビリティ」

[連載]中根雅文の「全盲のコンピュータ利用に関する四方山話」
第69回: JAWSの強力なカスタマイズ機能 (3)

前々回 (連載第67回) から、Windows用スクリーン・リーダーJAWS for Windowsのカスタマイズ機能を紹介していますが、今回もその続きです。今回は、音声出力のカスタマイズについて紹介します。

音声プロファイル

JAWSには、音声プロファイルという考え方があります。音声プロファイルは、使用する音声合成エンジン、声の種類、読み上げ速度、声の高さなどの設定をひとまとめにしたものです。

音声プロファイルは、必要に応じていくつでも作成することができます。そして、必要に応じて手動で切り替えることもできますし、特定のアプリケーションのウィンドウにフォーカスが当たっているときに特定の音声プロファイルが自動的に仕様されるように設定するようなことも可能です。

以下、音声に関して行える設定項目を見ていきます。

言語

音声エンジンによっては、複数の言語をサポートしているものがあります。このような場合、その音声合成エンジンをその音声プロファイル使用時に使う場合に、何語の音声を使用するかを設定することができます。

JAWSインストール直後には、「ドキュメントトーカ」という音声合成エンジンが仕様されるようになっていますが、この音声合成エンジンの場合は日本語のみに対応しているため、他の言語を選択することはできません。この場合、例えば英語のテキストを読み上げさせると、片仮名で英単語が書かれているかのように読み上げられます。

ちなみに、英語にしか対応していない音声合成エンジンを使う設定になっている場合に日本語のテキストを読み上げさせた場合ですが、

つづきはメルマガで……。

comments powered by Disqus