メルマガ第108号を発行しました!

こんにちは!2017年2月22日(水)にメルマガ第108号を発行しました!

[連載]山本和泉の「解説放送レビュー:観たり聞いたり歌ったり」
第15番組目:TBSテレビ『おびゴハン!』2017年2月のいくつかの放送分から
[不定期連載]辻 勝利の「Life with 支援技術 Returns」
視覚障害者と銀行取引

[連載]山本和泉の「解説放送レビュー:観たり聞いたり歌ったり」
第15番組目: TBSテレビ『おびゴハン!』2017年2月のいくつかの放送分から

こんにちは!テレビ大好きizuizuです。今年最初でした!大変遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます!ことしもテレビを見まくるぞー!!
みなさんは今年に入ってどれだけテレビを見ていますか?

15回目のレビュー:TBSテレビ『おびゴハン!』

『おびゴハン!』Webサイト
http://www.tbs.co.jp/obigohan/

すいません、今回は関東圏だけのローカル放送です。でもこれいままで見てきた(聞いてきた)音声解説と少し違ったので紹介したいと思ったんです。
そして、この番組は月曜から金曜まで帯時間でやっているので、2月にやっていたいくつかの回をピックアップしてお届けします。

声のプロじゃないよね?

いままでほとんどの音声解説はテレビ局のアナウンサーか声優さんが担当しているものばかりでしたが、この「おびゴハン!」の音声解説の声は、アナウンサーとか声優さんのような「しゃべるプロ」の人じゃないような感じです。
ディレクターさんとかADさんとかのスタッフさんのような感じがするんです。
でもプロの方だったらすいません。。。

お料理番組だけど

メルマガ102号の『キユーピー3分クッキング』で「お料理番組の解説も楽しいよ」と紹介したばかりですし、『キユーピー3分クッキング』以外のお料理番組の解説もだいたい似たような感じです。

でも!今回またお料理番組の『おびゴハン!』に紹介するのには理由が!それは「平野レミ」さんだからです!

平野レミさんとは「料理の仕方やメニューが豪快すぎて観ている人たちを震撼させる」ことで有名なあのシャンソン歌手であり料理愛好家の平野レミさんです。それに音声解説がつくのだからそりゃー気になります。

たとえば

レミさんが浮いてきた灰汁をとり出しています

とか

 レミさんができたスープを濾しています

とか

レミさんが豚バラ肉をいれます

とか

レミさんがキャベツの芯を切っています

とかごくごく普通の行動も、音声解説ではとにかく「レミさんが」「レミさんが」のオンパレードで、それだけでなんだかスペシャル感がでるのはなんででしょう。そう、それはレミさんだから。

でもこれらはまだ序の口です。

レミさんのお料理のやり方は豪快すぎるので、解説もなんだかおかしなことになります。たとえば

ポリ袋にご飯を入れます。

はまだマシなほうで、この次に

ポリ袋からご飯がはみ出ています

って、確かにポリ袋からご飯がぐにゅにゅってはみ出していてかなりおもしろかったので、この解説がしっかりあってうれしかったです。

レミさんが素手で蒸し器の中の耐熱容器を取り出しました。

とかも結構イケてると思います。素手で、ってしっかり言っていたりとか。

といろいろなシーンでいい感じで解説が入っていますが、

  • おうどんをフライパンで焼き付けたあと、お皿に叩きつけるシーン
  • コーンフレークを手で握りつぶす衝撃シーン(実際の画面ではアシスタントのアナウンサーが「えーー!!」(バリバリバリという砕ける音)だけ)

などに解説がなかったのが残念すぎです。

この番組だけでもかなりおもしろいので、他のレミさんが出ている番組が気になって仕方ありません!これからもっと平野レミチェックをしていこうと思っています!えぇその裏にある音声解説を!

[山本 和泉]

comments powered by Disqus